手に負えない規模のゴミ屋敷は大阪の清掃業者に電話連絡

ゴミ部屋

物が捨てられなくてゴミ屋敷になる

散乱した部屋

ゴミ屋敷になっていく理由の一つに、物が捨てられないということがあります。通常ゴミが出ると、自治体に定められたゴミの日に所定の位置に出しますよね。燃えるごみやプラスチックなどはゴミ収集の日も多いので、比較的ゴミとして出しやすいです。
しかし燃えないゴミや小型家電といったものなどは、ゴミ収集の日がそれほど多くはありません。そのためそのゴミの日を逃すと、次に出すまでに時間がかかるということがあるのです。 もしも自分が仕事をしていたりすると、ゴミの日に出したいけれど、出す暇がないということが続く可能性もありますね。そのようなことがあると、どんどんゴミを出しそびれてしまって、ゴミがたまっていくのです。部屋がきれいでゴミがたまっていないうちは、そのきれいを保つためゴミ出しに気を付けていたけれ、ゴミが一旦たまり始めると、もう少したまってからまとめてゴミを出そうかな?
という心理に変化していくこともあるのですね。そうするとゴミがたまる一方となり、ゴミ屋敷になりかねません。 ゴミ屋敷になる理由の一つに、ゴミを出すタイミングがうまくつかめない、そしてゴミがたまり始めることから加速して一気にゴミ屋敷化してしまうことがあるのです。

Contents

TOP