手に負えない規模のゴミ屋敷は大阪の清掃業者に電話連絡

ゴミ部屋

心理から見るゴミ屋敷への対策

ゴミ

ゴミ屋敷という不便な状態にありながら、それを訂正できないというのはやはり何かしらの原因があるものです。その原因を心理から見るとゴミ屋敷を生む人のタイプは幾つかに分かれます。
1つ目は完璧主義者のタイプです。このタイプはゴミや部屋を片付けるだけなのに、大きな理想や完璧に計算された行動順など無駄な思考だけが先走り、その思考に行動がついていけず、片付けをする前の段階で止まってしまいます。
2つ目は物を捨てることに罪悪感を得てしまうタイプです。厳格に物を大切にすることを教えられると、物を捨てることが禁忌的な行動に変わってしまう場合があります。
3つ目は綺麗な状態を知らないタイプです。子供の頃からゴミ屋敷に住んでおり、それが当然の状態であると認識しているため、異常さを訂正する力が働きません。どういう状態に戻せばいいか分からないのです。
そして4つ目が、決断力がないタイプです。取捨選択ができなかったり、行動する前に別行動を始めたり、先延ばしによってゴミが溜まっていきます。
1,2,4番目は自分なりの簡単な行動基準(片付けの規則)を作り、それを基に行動することで、対応できる場合が多いです。3番目は、周囲の環境により多く接し、知り、そして学ぶことで改善されていきます。ただ4番目に関しては、その症状が酷いと病気の可能性があるため、1度診察をおすすめします。

Contents

TOP