手に負えない規模のゴミ屋敷は大阪の清掃業者に電話連絡

ゴミ部屋

ゴミ屋敷のレベルに合わせた対処法

ゴミに悩む女性

ゴミ屋敷と言っても、様々です。
家からゴミが溢れ出し庭を埋め尽くし悪臭や害虫の元になっているような高レベルのものから、マンションやアパートなどでゴミの日にゴミ捨てを忘れつづけた結果として部屋中がゴミ袋で埋まってしまったという低レベルものまであります。
それらの対処方法は、そのレベルによって違ってきます。
低レベル(部屋中がゴミ袋の山)の場合、決められた日にゴミ捨て場に運べば良いだけですから多少の労働は必要ですが、簡単に片付きます。
中レベル(生ゴミだけではなく不要品で部屋中が溢れかえっている)の場合、時間と手間をかけて片付けていけば費用はかかりません。お宝などを発掘すれば思わぬ収入になることもあります。しかし業者などに頼むと予想外に大きな費用がかかるので留意が必要です。
高レベル(テレビで紹介されるようなゴミ屋敷)の場合、本人に片付ける意志がないことが多いので、まず片付けようと思うところから始める必要があります。業者などに頼むと家や土地自体の資産価値を上回るくらいの請求がくることもあります。
ちなみに今回のレベルの高低は迷惑度や本人が片付けるときの手間や費用などでランク付けをしていますが、本人の意志を考慮せず周囲の住人がなんとかしたいと思ったときは逆転します。
要するに他人の部屋のゴミを勝手に処分することは基本的にできませんが、高レベルのゴミ屋敷ほどになれば行政等に頼むことが可能だからです。

Contents

TOP