手に負えない規模のゴミ屋敷は大阪の清掃業者に電話連絡

ゴミ部屋

ごみ屋敷対策は意識改革から

ゴミに囲まれた女性

ゴミ屋敷というと世間の方は迷惑、汚い等マイナスなイメージを持つ方が多いと思います。もちろんその通りなのですが、ゴミ屋敷ができてしまう過程には色々な問題があります。
ある方は、長年連れ添った奥さまが亡くなり、それからなにも手につかなくなり気が付けば家がゴミ屋敷になってしまったそうです。その方とは古くからの付き合いがあったので、色々とお話を聞きお手伝いさせて頂きました。
彼は元来きれい好きの部類に入る性格でした。きっちりした性格で、むしろ部屋もきれいに整頓されているイメージがありました。そんな彼が何故?と思いましたが、話しを聞くと奥さまが亡くなり、一時期何もかもがどうでもよくなってしまったそうです。それから家事など手につくはずもなく、ゴミが散乱していても気にならなくなったそうです。
その後、それが当たり前になってしまったようで、ついには家の外にまで範囲が広がり行政の指導が入ったそうです。
それがあって私に相談してくれたとの事でした。
それから一緒にゴミを捨て、少しづつもとの家に近づいてきましたが、本人が徐々にやる気になってくれて、最近ではご自分で進んで作業をしています。
ゴミ屋敷と一言で片付けるのは簡単ですが、その背景には色々な事情があります。当人に話しを聞き、手を差し伸べてあげることで、解決できる事がたくさんあると思います。

Contents

TOP