手に負えない規模のゴミ屋敷は大阪の清掃業者に電話連絡

ゴミ部屋

ゴミ屋敷になる人の特徴

ゴミに囲まれた男性

たびたび大阪のテレビなどでも取り上げる話題でゴミ屋敷になってしまった住宅の紹介などがあります。そもそもゴミ屋敷とはもともとは一般的な普通の家庭で新築で立てた家などがゴミで溢れかえり周りの住人から掃き溜めのような場所だ、あそこの家はゴミが溢れかえっているゴミ屋敷だと言われるようになったことがそもそものきっかけです。
自分たちの住む住宅がゴミ屋敷となってしまうのはほとんどありませんがゴミ屋敷になってしまうそこの住宅に住む人の特徴としては、ものを片付けられない人たちが多いです。いつか使うかもしれないもしもの時に残しておこうと言うことが続きそれがたまりにたまってゴミとかしてしまいます。
いつか使うつもりと言うのはほとんどの人が一生使わないようなものになります。いざ使うときにゴミ屋敷になってしまうとせっかく置いていたものもどこに行ったのか分からなくなってしまいます。
最初はキレイな住宅でしたがゴミで溢れかえりゴミ屋敷だなってしまい物を捨てられない人たちが住宅をゴミ屋敷にしてしまうケースがほとんどです。
ものを大事にする人でも脱いだ服をそのまま脱ぎすてて片付けれない人たちがゴミ屋敷を作ってしまう人たちになってしまいます。もし大阪や京都や三重にいる家族にそういう方がいたら、大阪の清掃業者に来てもらうという手もあります。その場合、家主の許可が必要です。

ゴミ屋敷ってどんなもの?

大阪のような地方都市にゴミ屋敷はどうして出来てしまうのか?まず、ゴミ屋敷にしてしまう人の特徴は片付けや苦手な人なのだと考えられます。
面倒臭がりな性格もあると、出して使った物を元の場所に戻さない、脱いだ服をそのまま部屋に置いてしまう、洗濯しても服を畳まずにそのまま部屋に置いてしまう、飲み物や食べ物を空になっても捨てずに置いてしまって他のゴミもそのままになりゴミ箱にすら捨てない事や使わなくなった物をいつか使うだろうと取って置いてしまうなど収納できてた物が納まりきれなくなってしまい
、部屋に溜まってしまうという。
又、独り暮らしの高齢者の方がゴミ屋敷にしてしまうケースは体の自由がなかなか利かなくなってしまう事で動くのが億劫になって手の届く範囲で生活するようになりゴミに囲まれた生活になってしまったり、外によく出る方によってはゴミ置き場に捨ててある家具家電や道具などをまだ捨てるには勿体ないまだ使えるだろうと持ち帰ってきてしまうなど収集癖がある方は特に集めてきて家に置いてそのままになりゴミ屋敷になる事も多いようです。
衛生面や臭いや火事の心配もある為、大阪では行政代執行や罰則がある所もあるようで、賃貸の場合は家主が片付けについて本人と話をするが改善が見られず、片付け業者を周りの住民や家族などが大阪の清掃業者を依頼する事が多いようです。
本人も気付いた時にどうにもならない状態になってしまうので物を捨てるのは大事ですね。

ゴミ屋敷から見る日本の現状とは

ゴミ屋敷と言われている住まいは大阪にいくつもあります。物が捨てられない、収集癖があるなどゴミ屋敷と化してしまう理由は実に様々です。しかし、近年増えているのが高齢者によるゴミ屋敷です。
後期高齢化が進んでおり、核家族化も増えているため、独り暮らしの高齢者も大阪では珍しくはありません。近年では高齢者の孤独死も問題となっているのですが、高齢者の孤独死によってゴミ屋敷が発覚した例も少なくはないのです。
ゴミ屋敷が作り上げられる過程には、物が捨てられないなどの個々の性格の問題が浮き彫りとなっていますが、高齢者のゴミ屋敷問題においては原因は認知症による影響であることも考えられます。認知症はひどくなると数秒前のことも分からなくなります。そのため、一日に何度も買い物に行って物を買い込んで放置することによってゴミ屋敷と化してしまうのです。認知症は自身で気がつくことは困難な病気です。独り暮らしの場合、他者と交流がない方も多いので、認知症の進行は早く、またケアを行えずに過ごされている方も多いと言えます。
ゴミ屋敷は意識下のなかだけで作られるものだけではありません。病気によって起こり得る場合もあるのです。疎遠になっていた親の死を聞いて、大阪に駆けつけたときにはゴミ屋敷となっていたといったケースも非常に多く、ゴミ屋敷は孤立する高齢者の現状を現しているのかも知れません。


ゴミ屋敷だと感じている方に安心のサービスをしてくれる業者さんのご紹介です!ゴミ屋敷でお困りの方に大阪の汚部屋脱出.comを活用しましょう!こちらでは、実績も大阪兵庫でナンバーワンです!値段もお安くしてくれるので、まずは無料でお見積りしてみましょう!

Contents

TOP